MENU

HOME > お知らせ

ハウス設計からのお知らせ

最近の記事

新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年中は、全国の皆様方から、間取り診断、間取りの設計等のご依頼を賜り、厚く御礼申し上げます。お蔭様で、皆様方の間取り作りをいろいろな形でサポートすることができ、充実した年を過ごすことができました。これもひとえに皆様方のご高配の賜物と感謝しております。
本年も、皆様方のお役に立てるよう専心する所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
令和6年 元旦
ハウス設計 代表 枦元博文

新年のご挨拶2024年01月02日【144】

アドレス変更のお知らせ

サーバー機器の変更のため下記のようにアドレスを変更することになりました。
お手数をおかけしますが、よろしくお取りはからいくださいますようお願い申し上げます。

(旧)  10月末で旧メールアドレスが使用できなくなります。
E-mail  info@house.9syu.net
URL http://house.9syu.net

(新)  すでに新メールアドレスは使用できるようになっています。
E-mail info@house-sekkei.com
URL https://house-sekkei.com

アドレス変更のお知らせ2023年10月31日【143】

家を建てる人へのアドバイス ~アプローチ~

家を建てる人へのアドバイス   ~アプローチ~

1 アプローチとは
  「アプローチ」とは、門から玄関に至る通路のことで、建物の顔とも呼ばれます。
  アプローチは公私の行動の区切りの場であるし、客や外の道を行く人に対しては、わが家らしさをさりげなく伝えるメッセージ的な役割を担う場です。そのために、門から 玄関までのアプローチを長くとることによって雰囲気をつくったり、角度を変えたり、土間の仕上げ材を変えたり、緩やかなレベル差をつけたりして、奥行きある空間を演出したいものです。

2 アプローチを計画する時のポイント
 (1)アプローチは外構計画ともに計画する
    周囲の環境、道路の位置、建物の外観、動線(人、車)、駐車スペース、プライベートな庭など、外構全体を考えて計画します。
 (2)アプローチとしての雰囲気を大切に
    動線は短いほど良いのですが、公私の行動の区切りの場であることを考えて、ほど良く距離を取ったり、角度やレベルを変えたりするなど、アプローチとしての雰囲気を作ることが大切です。門柱やフェンス、シンボルツリー、植栽、照明などと併せて計画したいものです。
 (3)防犯対策も考慮する
    道路からの視線防止を考えることは大切なのですが、外から見えない所を作ることは防犯上気になります。従って、センサー付きの照明を設置するとか、音のでる砂利敷きにするなど防犯のことも併せて考えたいものです。

家を建てる人へのアドバイス ~アプローチ~2023年09月17日【142】

1  |  2  |  3  |  4  |  5    »    [39]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事


このページの先頭に戻る